事業・サービス

組合案内

お役立ち情報

HOME >

会報誌(DDKだより)

会報誌(DDKだより)



2000年08月発行 第75号 DDKだより


金融相談:年末・盆資金のバックファイナンス

DDKの年末・盆資金の財源は100%借入金と聞いています。将来とも安定的に確保できるのでしょうか。
 




--------------------------------------------------------------------------------

今月の相談員 
  理事・金融委員  亀井 賢伍  
    商工中金出身 
    前専務理事 
    元第一経理経営相談室長 


政府系と都銀で調達
 年末・盆資金のバックファイナンスは、政府系の組織金融機関である商工中金をメインとし、都銀2行を加えた3行から調達しています。直近の借入シェアは、商工中金80%、都銀2行20%となっています。
メインバンクは頼もしい味方
 商工中金は、中小企業専門の組織金融機関として、多数転貸資金の融資も半世紀以上手がけており、審査ノウハウを蓄積しております。
 組合の事業執行体制、陣容、融資規約、チェックシステム、防衛積立金の有無、事故対応能力等、勘所を押さえた信用判定を行っています。
 DDKの体制・システムは、よい評価を得ており、現状では100%依存も可能な状態にあります。

組合金融の実績に乏しい都銀
 都銀は組合金融・とりわけ多数転貸融資の実績は乏しく、斯種融資の審査ノウハウは確立されていません。勢い担当者による温度差が大きく、仕組みの説明にエネルギーを消耗しますが最終的には理解してくれます。
 けれども、そこに至る過程で、情報不足のまま、ピント外れの結論を出され閉口することがときたまあります。この場合、商工中金にカバーしてもらっています。

鍵は連帯防衛積立金制度
 DDKのシステムで鍵となるのが連帯防衛積立金です。
 この制度はDDKが開発した相互扶助の精神に基づくリスク負担システムで、一種のグループ共済です。
 これによりDDkのリスクテイク能力、ひいては受信能力が格段に向上しました。(詳細は本誌№70)

バックファイナンスは安泰
 DDKは中小企業団体として、銀行の理不尽な振る舞いに厳しく対処することがあります。
 そうしたことから、バックファイナンスに危惧をもたれる向きもあるかと思いますが、心配無用です。
 何より堅実・適正・透明な業務運営が基本にあります。さらにメインバンクの正当な評価・信頼があります。

 


金融・経営相談のご利用を  
 毎週水曜日 10:00~16:00 
DDK事務所(無料) 
Copyright DDK. All Rights Reserved.