事業・サービス

組合案内

お役立ち情報

HOME >

会報誌(DDKだより)

会報誌(DDKだより)



1997年12月発行 第43号 DDKだより


金融相談:積立定期より手形決済が優先

Q.  銀行の定期積金を当座預金より自動振替で積立てています。
 先月、支手決済日に、積金が先に引落されたため手形決済資金が不足し慌てました。
 




--------------------------------------------------------------------------------

今月の相談員 
  理事  亀井 賢伍  
    商工中金出身 
    元第一経理経営相談室長 


A.  銀行に、支手決済を優先(積立の組戻し)するよう交渉しましたか。
 
Q.  一応申し入れはしましたが、聞き入れられませんでしたので、やりくりして入金し事なきを得ました。
 
A.  積立金引落しに固執し、手形を不渡にするなどということは銀行の社会的責任から許されません。
 事務的レベルの話ではなく、貴社の命運にかかわる重大事です。支店の責任ある立場の人と交渉しましょう。
 約定書や自動振替依頼書の条項をふりかざしてきても、臆せず主張すれば応じざるを得ません。
 
Q.  いままでこの銀行からは道理にかなわぬことをさんざん押しつけられてきました。割り切れない気持ちです。
 
A.  今後のことですが、支手決済は待ったなしですから、資金手当は前日までにすまして下さい。
 定期積金相当分が不足するようでしたら、前日銀行に連絡し、積定の引落しを中止して手形決済をするよう申し入れましょう(相手の氏名を記録しておく)。
 資金繰状況によっては、(1)積立の自振中止、(2)積立そのものの中止、 (3)積立金の解約も順次検討しなくてはなりません。
 さらに銀行の対応如何によっては、他行取引移行も視野に入れ取引の見直しを行いましょう。
 なお、借入金返済金についても、積立より優先させねばなりません。
 


金融・経営相談のご利用を  
 毎週水曜日 10:00~16:00 
DDK事務所(無料)  

Copyright DDK. All Rights Reserved.